基礎代謝を上げるには?基礎代謝を高める方法 | 360ASSOCIATES

基礎代謝を上げるには?基礎代謝を高める方法

できるだけラクして痩せる方法を調べていると、必ずと言っていいほど基礎代謝にたどり着きます。
そもそも基礎代謝とは何なのでしょうか?
基礎代謝は何もしていなくても消費される、カロリー量のことです。
生命維持のために使われるエネルギーと言った方がわかりやすいかもしれないですね。
この基礎代謝が高くなれば、消費カロリーが多くなるからラクに痩せられるだろうってわけです。
では基礎代謝を上げるためにはどうすれば良いのかについて焦点を当てていきます。

基礎代謝は上げられる?

そもそも基礎代謝って自分の意思で上げられるのでしょうか?
いろいろな説がありますが、個人的には上げられると思っています。
少し視点が違うのですが、低下している基礎代謝を本来の状態まで戻す、だから結果的に上がるという感じです。
基礎代謝は筋肉であったり内蔵であったり、細胞の働きが悪くなれば下がります。
働きが悪くなればそれだけエネルギーを使えないので当然ですね。
ですので働きを正常に戻す、もしくは高められれば基礎代謝も上がるというわけですね。

基礎代謝を高めるためにやりたいこと

基礎代謝を高めるためにはどういうことをすれば良いのでしょうか?
私が実践して、良かったと思ったものをピックアップしました。

姿勢を正す

基礎代謝を高めるために、姿勢を正しましょう。
猫背だと内臓が押し下げられて、働きが悪くなります。
内臓の働きが悪くなると言うことは、消費されるエネルギー量も少なくなります。
内臓なんて勝手にカロリーを消費してくれるダイエットのありがたい味方なのに、働きが悪くなるなんてもったいない…!
しかし逆を言えば姿勢さえ正せば、本来の位置に戻すことができます。
ハッキリ言って、自分で意識して戻すのは無理です。
自分では背筋を伸ばして正しい状態にしたと思っても、かなり曲がっています。
姿勢は整骨院やカイロプラティックを利用すれば正しい状態に近づけられますよ。

意識して水を飲む

基礎代謝を上げるには?基礎代謝を高める方法
体の水分量が少なくなると、内臓の働きが悪くなります。
ですので意識して水を飲むようにしましょう。

特に起床後は汗をかいているので、コップ1杯の水を飲むようにしたいですね。
寝ている間だけでも500mlは汗をかくと言われています。
1つアドバイスするとすれば、可能であれば常温の水がオススメです。
冷たい水は内臓に負担がかかるため、内臓の働きを低下させる可能性があります。
夏にアイス食べまくった結果夏バテするあの現象ですね。
ですのでできるだけ常温の水を飲みましょう。

湯船に浸かる

湯船に浸かることで体を内側から温めます。
体温を高めたり汗をかくことで、細胞の働きを活性化させます。
湯船に浸かる人の方が体温が高く、太りにくい傾向がありますので、できるだけ浸かるようにしましょう。

筋トレして筋肉を増やす

基礎代謝を上げるには?基礎代謝を高める方法
基礎代謝を上げるために、筋トレをして筋肉を増やしましょう。
内臓は増やせませんが筋肉は増やせます。
筋肉量が増えればそれだけ基礎代謝も上がります。
筋肉はなかなかつきませんが、リバウンド対策としても増やしておいて損はありません。
体重が増えたり太く見えるほど筋肉をつけるのは難しいので、ガンガン筋トレに励みましょう。